活躍に期待!新たなマシーン [11/08/23]

ヒグラシの涼やかな声が響く森の現場に、またまた新顔が加わりました。

森では色々な種類の「林業機械」が活躍しています。伐採した木の枝をはらったり、一定の長さに切ったり、木を運搬したり、トラックに積み込んだり...それぞれの作業のための機械があります。

いともくでは、可能な限りそんな機械を使って、効率的に安全に、森づくりを進めていますが、森で伐採した木を、トラックの入れる道まで運搬するための「フォワーダ」という機械を新たに導入しました。

20110823.JPG

これまで使用していた木材運搬用の機械は、土砂運搬用の機械をつくり変えて使用していたのですが、木材運搬用はやっぱり使い勝手が違います。

沢山の木材が荷台に乗ってとても重くなるので、前輪が浮かないような仕様になっていたり、長い寸法の丸太も運べるような工夫がされていたりと、やはり林業のための作業車といった感じです。

いともくの森で、これからどんどん木を運んで、良い仕事をしてくれると思います。